「奇跡の口溶け」とろ生ガトーショコラが誕生|くつろぎ屋 公式オンラインショップ

LINE CLOSE

Menu

コラム

Column

2020.12.20

news

「奇跡の口溶け」とろ生ガトーショコラが誕生

「奇跡の口溶け」とろ生ガトーショコラが誕生

誰も体験したことのない「奇跡の口溶け」 とろ生ガトーショコラ誕生

全細胞がとろけるような、これまで誰一人と体験したことのない「奇跡の口溶け」とろ生ガトーショコラが完成しました。構想から1年をかけ、300本を超える試作を繰り返してひたすらに極上の味を追求。一口食べた瞬間、はっと目を見開く程の衝撃を受け、もう一口、二口と止まらなくなる禁断のショコラです。

全細胞がとろけるような口どけと美味しさから『とろ生ガトーショコラ』と名づけました。

カオカ社の高品質チョコレートを限界ギリギリまで配合し、北海道産発酵バターをふんだんに使用。家にいながら極上の「旨い」を体験いただけます。

ミシュラン三つ星店が認めた料理人と料理家チームが共同開発

海外のインバウンドや地方創生の人気商品の開発、大手食品企業の人気ブランド商品や飲食店のレシピ開発を手掛け、全国各地や世界をめぐり美味しい食材の生産者・製造者に出逢ってきた料理家チームとミシュラン三つ星店が認めた料理人の共同開発でとろ生ガトーショコラが誕生しました。

「極上のお家時間を過ごせる」ような誰も体験したことのないスイーツが、欲しい時に買いに行かなくても家にあったら… とびっきり美味しいスイーツを食べる時間を通して「忙しい日々の中でもほっと一息つけて、暮らしのリズムを整えるきっかけをつくりたい」という想いから、開発をスタートしました。

開発を進めるにあたり、極上のお家時間を過ごせるスイーツとは?について開発チームで話し合った時、レシピ開発者の料理家 五十嵐ゆかりが発案したのは生ガトーショコラでした。

一口食べると癒しを与えてくれる魔法のようなスイーツであるチョコレートで極上のお家時間を過ごせるようなスイーツを作りたい!という熱い思いから生ガトーショコラを開発することに。

とろ生ガトーショコラは当初、工場への製造依頼をする予定でした。しかし細部の仕上がりにこだわるほど開発は困難を極めました。お客様の体験に妥協はしたくない、自分たちの手で製造することで徹底的にクオリティにこだわった商品を作りたいと思うようになり、自社工場を持つことに。

工場を探している時、「ミシュラン三つ星」の三大料亭の一角で米飯を製造し卸していた創業40年の町工場「廣瀬食品」の廣瀬さんとの出逢いがありました。

(…店名が気になる方もいると思いますが、業界慣習上、店名は控えさせていただきます)

工場の後継不足に悩んでいた廣瀬食品の事業承継をすることで工場を守ることができました。また、製造開発を廣瀬さんに担ってもらうことになり共同開発が実現しました。

廣瀬食品は伝説的な人気を博した大阪新地の焼肉店では味の核となる焼肉のタレ人気商品の肉巻きおにぎりも製造していました。「奇跡の口溶け」を実現し、極上の味わいに仕上げるためには繊細な見極めが必須となるとろ生ガトーショコラの製造において、製造委託では難しい細部の味の作り込みができるようになりました。

商品ページはこちら

画像をクリックすると商品一覧ページをご覧いただけます。

「奇跡の口どけ」は厳選素材と焼き時間・温度の見極めで生まれる

口に入れた瞬間にとろける「奇跡の口どけ」がここにあります。この口どけは、厳選素材と見極めにより実現します。素材の状態、生地作り、焼き上げのタイミングを繊細に見極め、誰も体験したことのない口どけと味わいが産み出されるのです。

①厳選したチョコレートと発酵バターを“ぎっしり”使用

とろ生ガトーショコラは、これまでに誰も体験したことのない極上の口どけであり、常識が覆るほどの「特濃厚」です。密度が全然違う。高品質なチョコレートと濃厚な北海道産発酵バターを反則級に「ふんだんに使用」することでこれを実現しています。

②チョコレートの風味が最も生きる「焼き温度・時間」を徹底追求

実は開発で最も時間を注いだのは、チョコレートの風味が最も生きる「焼き温度」「焼き時間」の追究でした。温度、焼き時間を変えて何本もの試作を繰り返し、「奇跡の口溶け」を生み出しました。焼き時間が短いとテリーヌのようになってガトーショコラならではの香ばしさがなく、焼き過ぎると口どけが悪くなり、チョコレートの風味が落ちてしまいます。

③絶妙な焼き上がりを見極める

「奇跡の口どけ」を実現するには、焼き上げの見極めが最も重要です。ベストな焼き上がりのタイミングでオーブンから取り出します。タイミングを逃すと私たちが目指し、みなさまに体験いただきたい絶妙な口溶けにはなりません。

【徹底したこだわり】生ガトーショコラを「料理する」ことで究極の美味しさを創り出す

生ガトーショコラの一般的な基本素材は、チョコレート、卵、バター、砂糖とシンプル。溶かしたチョコレートとバターに砂糖、卵を混ぜて焼き上げます。

とろ生ガトーショコラは、これらを「料理する」ことで誰も体験したことのない極上の味わいを実現しました。チョコレートはブレンドして酸味、風味、コクを絶妙なバランスに。焦がしキャラメルクリームを配合して深みとコクを与えています。

①厳選した4種の高品質チョコレートをブレンド

とろ生ガトーショコラに合うチョコレートを見つけるべく、多数のチョコレートを試食。カオカ社の高品質チョコレートに辿り着き、4種を独自にブレンドして酸味、風味、コクを絶妙なバランスに仕上げました。 ブレンドすることでそれぞれがもつ味わいが重なり合い、誰も体験したことのない極上の味わいを生み出しました。

 

ブレンドに使うチョコレートの特徴は…

①鮮やかなラズベリーのような酸味と風味

②クルミとアーモンドを濃縮されたようにナッティな風味

③バナナを思わせる風味、ボディのしっかりした重厚感のあるコク

④生クリームのようにコクが濃厚でバランスのいいツナギの名脇役

 

Bean to Barでカカオ豆からつくることも考えましたが、大規模な設備がないとチョコレート製造単価が上がってふんだんに使うこだわりの実現ができず、「奇跡の口溶け」をつくることが出来ないためBean to Barは選びませんでした。

「高品質チョコレート4種をブレンドしてふんだんに使用」することで、とろ生ガトーショコラの考える「特濃厚」で極上の生ガトーショコラを実現します。

②発酵バターで風味が増し、コクが深まる

とろ生ガトーショコラに使用するバターは濃厚な北海道産発酵バターを使用しています。

生乳のクリームに乳酸菌を加えて発酵させた発酵バターは大変風味が良く、とろ生ガトーショコラをコク深い味わいに仕上げます。

③極めつけは自家製の焦がしキャラメルクリームを配合

深めに焦がしたキャラメル×生クリームの自家製焦がしキャラメルクリームを配合することでハッとする深みとコク、口溶けが生まれます。

ふんだんに使用する4種のチョコレートのブレンドと発酵バターに焦がしキャラメルソース。そして、徹底追及した焼き時間・温度の見極めによる絶妙な焼き上げで「奇跡の口溶け」を生み出しました。

商品ページはこちら

画像をクリックすると商品一覧ページをご覧いただけます。

とろ生ガトーショコラを200%美味しく味わう方法

①お湯で熱した包丁で切る

沸騰させたお湯で包丁を10秒以上しっかり熱してペーパーで水気を拭き取ってからカットすると、ショコラがとろける美しい断面に。この断面の美しさがとろ生ガトーショコラをより一層美味しく味わえる演出をします。数切れカットする場合は、「1切れ切ったらお湯に入れて温め直し、ペーパーでふき取ってから切る」を繰り返します。温めた包丁で美しく切るほど美味しいです。

②スプーンで味わう

とろ生ガトーショコラの一口目はぜひ温めたスプーンで。

スプーンをお湯で温め、ペーパーで水気を拭き取ってからすくい上げると融点26度の「奇跡の口溶け」を舌の上で最も感じられます。

とろ生ガトーショコラの楽しみ方 Best3

一度口にすると、もう一口、二口と止まらなくなる禁断のショコラですが、開発スタッフがあまりの美味しさに歓声を上げたおすすめの楽しみ方をご紹介します。

No.1 塩をふる=ハッとする忘れられない美味しさ

とろ生ガトーショコラに塩がこんなにも合うものか…と初めて食べたときの衝撃は今も忘れられません。

塩+チョコの組み合わせはもちろん合うだろうと軽い気持ちで塩を一振りしたところ、想像を遥かに超える美味しさで試食したスタッフはおもわず仕事の手を止めて歓声をあげていました。

塩が甘さを引き立て、パキッとした輪郭がでてとろ生ガトーショコラのうっとりするようなコクが増します。

No.2 とろ生ガトーショコラ×ホイップクリーム×クロワッサン=禁断の美味しさ

レシピ開発者の五十嵐ゆかりイチ押しのアレンジ。クロワッサンのサクサク食感にとろ生ガトーショコラとホイップクリームの組み合わせの破壊力はもの凄いです…

あまりの美味しさに新卒の女性スタッフ達からは歓声どころか悲鳴のような声が響き渡りました。

No.3 クッキーサンド=サクサクとろ~りな食感にハマる

厚めのブロックカットしたとろ生ガトーショコラをクッキーで挟みます。クッキーのサクサク、とろ生ガトーショコラのとろける口溶けは沼にハマる人続出です。いつまででも食べていられる…。

冷凍のままでも…

実はとろ生ガトーショコラは、凍ったままカットして食べると「特濃厚チョコレートアイス」になります。お風呂上がりにこれを食べる背徳感といったらそれはもう…広報担当の女性スタッフは「凍ったままが一番好き」と言います。テレビ取材では男性クルーの皆さんに大好評でした。

試食した方から寄せられた感想

発売前に食のプロや食通のみなさんに試食をしていただきました!うれしい感想を頂いたのでご紹介します。

フレンチ料理人/男性

『普通、ガトーショコラは焼き菓子なので多少パサつきがあると感じるのですが、とろ生は解凍してそのままいただくだけでとろりと濃厚な食感で、さらに体温で溶けていくので香りが広がります。味わいはキャラメルとバターの風味が心地よいです。』

テレビ局 広報/男性

『いくら食べても飽きない!危なく一人で一気に全部食べてしまうところでした…』 ニュースサイト 編集者/女性 『「ガトーショコラ」という名前ですが、今まで食べてきたものとは別物なので、もはや「ガトーショコラのような何か」です。むしろ「ガトーショコラ」と同じ枠に入れてしまうのはもったいないくらい別格の美味しさ。』

フリーランス ライター/女性

『口に入れた瞬間、絶妙な口溶けと上品な甘さ、濃厚なカカオの香りが広がりまさに口福…。少し温めたり、塩を一振りしてみると、また違った味わいに。次はお気に入りの食器で、こだわりのコーヒーも淹れて…と何度も何度も楽しみたくなります。仕事の疲れも忘れ、上質なくつろぎ時間を堪能させていただきました。』

アニメグッズメーカー 広報/男性

『口全体で感じる芳醇さと濃厚な甘み。我が子にも、父母にも、大好きな人たちを一瞬で幸せな顔にさせた自分が誇らしくなる。そんなチョコレート。その贅沢さをぜひ皆さまに感じて欲しい。』

日刊紙 記者/女性

『温めたナイフで切って食べたときの”とろ生”感は「すごい」っと思わず声をあげてしまう感動もの。チョコレートそのもの味わいが引き立ち、ビター好きの大人も満足だと思います。私は飲み会後の〆スイーツとしても楽しみました。』

フリーランス ライター/男性

『「奇跡の口溶け」という強気なキャッチフレーズがどんなもんか――という気分で一口食べてみたら、納得せざるを得ない。 さらに「これと合うんじゃないか?」という探究心をくすぐってくる。 例えば、二口目に行く前に熱いお茶やコーヒーを挟んでみてほしい。口が高温だと、食べた瞬間から一気に溶けて、一口目と違った食感が楽しめる。』

原材料について

有機チョコレート、バター、全卵、有機砂糖、有機カカオマス、有機ココアパウダー、乳化剤、香料、生クリーム

※卵、砂糖、生クリーム、バター以外の原材料についてはカオカのチョコレートに含まれている成分を表示しています。

サイズについて

一般の生ガトーショコラが280g-300g程でとろ生ガトーショコラは少し大きめの約340g。サイズは12.5cmです。

適量をスプーンにとって味わうことで「極上のおいしさ」を味わうには、量が少ないとどうしても遠慮して食べられません。

とろ生を最高に美味しく味わっていただくために「一切れ60g強は欲しい」ので思い切ってサイズを大きくしました。

5-6人で食べて1人65g前後味わえるサイズにしています。大きさを決めるまでに、温度と焼き時間を変えながら300本以上試作してベストを決めました。

お客様に存分にとろ生ガトーショコラをお楽しみいただけるよう、サイズに至るまで一貫して開発しています。

とろ生ガトーショコラは冷凍でお届けします

戻しは冷蔵庫で2-3時間です。

チョコレートの華やかな香りは揮発性で、冷蔵庫で2日経つとだんだんと飛んでいくため、冷蔵庫で解凍したら2日以内にお召し上がりください。

2日以内に食べない分は、冷凍のまま食べたいサイズに切って1切れずつラップで包み、保存袋に入れて冷凍すると3週間は美味しくお召し上がりいただけます。

 

開発メンバー紹介

料理家・管理栄養士・toroaクリエイティブディレクター

五十嵐ゆかり

海外でも販売されている人気商品の開発やふるさと納税にも選ばれている地方創生商品開発、大手食品企業や飲食店のレシピ開発を多数手掛ける。

大学在学時より商品開発や食品企業へのレシピ提供を主軸に活動し、現在はクリエイティブディレクターとして年間1,000を超えるレシピのディレクションを務める。

これまでの7,000を超えるレシピ開発やディレクションの経験を生かして暮らしに寄り添ったレシピを紹介したいと考え、2019年よりTwitterでは#ラク速レシピのゆかりとしてレシピを紹介。簡単時短なのに驚くほど美味しく作れるレシピに反響があり、1年で30万人フォロワー増の日本一フォロワー数の多い管理栄養士として多方面で活躍している。

Twitter:@igarashi_yukari

料理研究家・クリエイティブプロデューサー

イガゴー

2007年大学在学時から独学で料理を学び料理研究家を起業、レシピ制作会社フードクリエイティブファクトリーを設立し数多くの人気料理研究家を未経験から育てる。

省庁、地方自治体、大手企業で商品開発、レシピ開発、SNSプロモーション、コンサルティング、WEB、イベントなど幅広いクリエイティブを任される。2008年より料理の方針を主材料一つでできる「しかない料理」に特化、SNSで人気を博し27万人がフォローしている。

専修大学経営学部を卒業。コーチング・マインドフルネス・ボディエクササイズを企業文化に取り入れ、残業が最も多い広告業界で働き方改革が始まる前から残業と飲み会を廃止し、昼の生産性を上げることに注力するなど持続可能な経営にこだわる。本件の事業承継はものづくり文化の継承と、レガシーな産業をデジタルでより働きやすくするDX改革に取り組む。

Twitter:@gogoigarashi

料理人

廣瀬誠

料理人歴50年以上。数々の銘店の味を支える料理人。ミシュラン3つ星で日本三大料亭の一角で当時の社長と料理長から腕前を認められ、米飯を製造していた。大阪新地で伝説の超人気焼肉店では、お店の味とも言える「焼肉のたれ」当時の人気メニュー「肉巻きおにぎり」も製造していた。

商品ページはこちら

画像をクリックすると商品一覧ページをご覧いただけます。

シェアする:

twitter instagram facebook

trees
fly