【開発者より】極上マンゴーとろ生チーズケーキについて|toroa 公式オンラインショップ

LINE CLOSE

Menu

コラム

Column

2022.06.21

story

【開発者より】極上マンゴーとろ生チーズケーキについて

【開発者より】極上マンゴーとろ生チーズケーキについて

暑い夏に楽しめるとろ生チーズケーキをお届けしたいと思い、「極上マンゴーとろ生チーズケーキ」を開発しました。

夏と言えば!な果物としてマンゴーと白桃を思い浮かべたのですが今回はマンゴーで。

濃厚なアップルマンゴーととろ生チーズケーキで使用している北海道産2種のクリームチーズを組み合わせました。これだけでもうすでに美味しい組み合わせですが、ここに相性抜群のアーモンドリキュール「アマレット」を入れてとろける味わいに仕上げました。

「アドリアティコ ビアンコ クラッシュド アーモンド」を使用

今回使用しているアマレットは、瑞々しい桃やアーモンドの香りが特徴です。パリカクテルスピリッツ2019ベストリキュール賞を受賞の「アドリアティコ ビアンコ クラッシュド アーモンド」を使用しています。

商品開発を進めていく過程で、マンゴーとは異なる香りを入れてはどうか?と考えたときにこちらのアマレットを入れたところ、濃厚さが増して大変リッチな味わいになりました。

「アドリアティコ ビアンコ クラッシュド アーモンド」は以前に輸入食品のお店で見つけて購入した商品なのですが、とても香りがいいんです。バニラアイスや杏仁豆腐などにかけても美味しいですし、メープルシロップと一緒にヨーグルトに混ぜても美味しいです。

お酒好きの方なら、「極上マンゴーとろ生チーズケーキ」にこちらのアマレットをかけて味わうのもおすすめです。

たっぷりのマンゴーピューレで濃厚な甘味と鮮やかな酸味を

濃厚なマンゴーの味わいをしっかり感じられるよう、たっぷりのマンゴーピューレを入れています。

「チーズケーキとして美味しく味わえて、マンゴーの味もしっかり感じられる」これを大事にしました。

どちらか一方に寄りすぎるといずれか一方が薄く感じてもの足りないものになってしまうので、絶妙な配合を目指しました。

焦がしキャラメルクリームとバニラはとろ生チーズケーキよりも多めに

濃厚リッチな味わいになるよう、焦がしキャラメルクリームとバニラはとろ生チーズケーキよりも多く入れています。焦がしキャラメルクリームで香ばしい香り、バニラの甘い香りを加えることで、マンゴー単体では味わえない複雑で芳香な香りを体験いただけます。

冷凍や半解凍でも美味しい

「極上マンゴーとろ生チーズケーキ」の”とろ生”な口溶けを楽しむなら全解凍がおすすめですが、冷凍や半解凍状態で食べるのもおすすめです。

暑い日に家に帰って冷凍のままアイスとして食べる「極上マンゴーとろ生チーズケーキ」は至福の味。半解凍状態では”シャリっ”と”とろ生”の両方の食感を楽しめます。

暑い季節に「極上マンゴーとろ生チーズケーキ」がおうちでの楽しみや癒しの時間をお届けできますよう、ひとつひとつ丁寧にお作りしてお届けします。

toroa開発 五十嵐ゆかり

シェアする:

twitter instagram facebook

カテゴリーから探す